コーヒーは糖尿病に良いのか?それとも悪いのか?

世界中の人に愛されているコーヒーは「ダイエット効果があるので体に良い!」とか「カフェインの取り過ぎは体に悪い!」とか最近は色々指摘されていますよね。

コーヒーが焙煎した豆から抽出されて飲まれるようになったのは13世紀頃からだといわれています。

日本では18世紀末にオランダ人が持ち込んだのが最初で、今ではコンビニでもドリップ・コーヒーが飲める時代になりましたが、果たしてコーヒーは体に良いのか悪いのか気になりませんか?

そこで今回は糖尿病にコーヒー対しての効果や影響をさまざまな角度から検証してみたいと思います。

 

コーヒーの主な成分

カフェイン

コーヒーに含まれる最も特徴的な成分で緑茶や紅茶、ココアなどにも含まれるアルカロイド(=アルカリに似た化合物という意味で強い生理作用を持つものが多い)の化合物の仲間です。ニコチンやモルヒネもアルカロイドの仲間になります。

 

脳神経系を興奮させる覚醒作用、強心作用や脳血管収縮作用、皮下脂肪燃焼効果、尿の排出を促す利尿作用などがあり、医薬品にもしばしば使われ、最近ではダイエット効果もうたわれていますが、過剰な摂取は健康に害を及ぼすことが知られています。

 

ポリフェノール

コーヒーの褐色や苦み、香りのもととなるポリフェノールの仲間であるクロロゲン酸が豊富に含まれ、コーヒーカップ一杯(140ml)には約280mlの赤ワインと同程度、緑茶の2倍程度のポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは植物が作り出す抗酸化物質で、赤ワイン、お茶、ココア、ブルーベリーなどにも多く含まれその数は5000種類以上にもおよぶといわれています。

 

コーヒーオリゴ糖

AGF(株)の研究によって抽出後のコーヒー豆には、コーヒーオリゴ糖(コヒー豆マンノオリゴ糖)が含まれ、コーヒーオリゴ糖は整腸作用や体脂肪を低減させる効果があることが明らかになりました。(AGFコーヒー大辞典参照)

 

コーヒーと糖尿病

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪の代謝を高め、コーヒーを飲むことはインスリンの効き目を悪くする高脂肪の状態を防ぐことになるので、糖尿病を発症していない状態の人にとっては糖尿病の予防効果があると考えられます。

 

実際 、ハーバード大学医学部の研究で男性4万人、女性8万人を対象にコーヒーと2型糖尿病発症の相関関係を最長18年間にわたって追跡調査したところ、カフェインの入ったレギュラーコーヒーをよく飲んでる人は明らかに2型糖尿病の発症率が低かったそうです。

 

また、コヒーに含まれるポリフェノール(クロロゲン酸)コーヒーオリゴ糖も体脂肪を減少させる効果があるのでカフェインと同様に糖尿病の予防効果が期待できるといえるでしょう。

 

では次に2型糖尿病の人の血糖値に与えるコーヒーの影響を見てみましょう!

 

健常者は通常食後1時間ほどで血糖(ブドウ糖)がきちんと代謝され血糖値が安定します。

しかし、2型糖尿病の人になるとすい臓から分泌されるインスリン(=ブドウ糖を筋肉などに送り込んでエネルギーとして利用するためのホルモン)の働きが低下します。そこで、ブドウ糖をうまく処理できずに食後も高い血糖値が続くのです。

 

デューク大学のメディカルセンターで2004年に行われた研究によると、2型糖尿病の患者が食前にコーヒー4杯分のカフェイン(錠剤)を取った場合は血糖値にも血液中のインスリンの濃度にも影響がありませんでした。

しかし、その後にブドウ糖とカフェインを同時に取らせた場合には、血糖値も血液中のインスリンの濃度も通常より上がってしまうという結果が出ました。

 

つまり、2型糖尿病の人が空腹時にコーヒーを飲んでも血糖値にもインスリン濃度にも影響はありませんが、食事の時にコーヒーを飲むとカフェインの影響でインスリンの働きが悪くなり、食後の血糖値も血液中のインスリンの濃度も両方とも高くなるのです。

 

このように短期的に見れば食事の時のコーヒーはインスリンの抵抗性(働き)を悪化させると考えられています。

カフェインは脂肪の代謝を促進してもブドウ糖の代謝は促進しないということですね。

また、糖尿病患者の血糖値に対してのカフェインの長期的な影響は今後の研究を見守っていく必要があります。

 

まとめ

コーヒーは糖尿病を発症していない人にとっては予防効果があります。

2型糖尿病の人は食事の時のコーヒーのがぶ飲みは血糖値を上昇させるので注意が必要です。

コーヒーにはポリフェノールなどの有効成分も含まれているので糖尿病の人でも適量を飲むのは良い。

糖尿病でコーヒー好きの人は、食事時を避けてコーヒーを飲めば血糖値に影響がありません。

コーヒーの効果は糖尿病の「予防」と「治療」では異なるので注意が必要ですね!

 

*糖尿病への効果が期待される食品については、これらの記事をご参考ください!

記事:バジルシードとチアシードの違いを比較!糖尿病に効果的なのはどっち?

記事:長芋(山芋)と菊芋の糖尿病への効能を比較!

記事:酵素と酵母の違いは?ダイエットや糖尿病の血糖値への効果はあるの?

記事:亜麻仁油(アマニ油)の驚くべき効果!

記事:【糖尿病予防】みかんの成分β-クリプトキサンチンが効果!高血糖やメタボ予防に!

 

*コーヒー関連の記事は、こちらもご参考ください!

記事:【コーヒーフレッシュ】の成分は危険?原料にはトランス脂肪酸も!

 

スポンサーリンク