デルモベート軟膏の効能と副作用!蕁麻疹への効果は?

デルモベート

デルモベート軟膏は、主に、アトピー性皮膚炎、湿疹、乾癬(かんせん)や円形脱毛症などの治療に処方されるステロイド外用薬です。

例えば、かゆみのひどい蕁麻疹(じんましん)が出て皮膚科に行ったら処方されたという方も多いのではないでしょうか?

でも、デルモベート軟膏はステロイド外用薬の中でも最強の部類に入るので、処方された時は副作用が心配ですよね。

そこで、今回はデルモベート軟膏の副作用使用上で注意すべき点蕁麻疹への効果などついてお話していきます。

 

デルモベート軟膏の特徴

デルモベート軟膏

 

デルモベート軟膏には、クロベタゾールプロピオン酸エステルという有効成分が配合されており、皮膚の炎症やかゆみを抑えるなどの効果があります。

ステロイド外用薬は、薬の強さによって1群(最強)から5群(弱い)まで5段階のランクがありますが、デルモベート軟膏は、数多くあるステロイド外用薬の中でも最強の1群に入ります。

つまり、デルモベート軟膏は劇薬にも指定されているので、使用するときは特に注意が必要です。

 

連続して使用できる期間は、一般的に大人が1週間以内で、小児へは処方されません。特に、小児への長期使用は、発育障害を起こす恐れがあるので避けなければいけません。

また、皮膚の薄い顔面、首、陰部や摩擦の多い部位などへの使用は、局所的な副作用が現れる可能性が高いのでおすすめできません。

 

使用上の注意点

ステロイド軟膏の使い方は、そのランクにかかわらず一日に数回、患部に薄く塗るのが基本です。

デルモベート軟膏は、吸収力が最強ランクという特徴があるので、症状が重い時や、皮膚が厚くなって吸収率が悪い部分などへの使用が適しています。

細菌、真菌(カビ)、スピロヘータ、ウイルス皮膚感染症や動物性皮膚疾患(疥癬(かいせん)、けじらみ)への使用は禁忌となっています。

デルモベート軟膏には、リンデロンVG軟膏のように細菌感染に効く抗生物質は含まれていません

 

*リンデロンVG軟膏に関しては次の記事をご参考下さい!

リンデロンVG軟膏の効能と副作用!市販薬はあるのか?

 

顔面、首、陰部、間擦が多い部位への使用は、皮膚萎縮などの局所的な副作用が、起こりやすいので注意が必要です。

傷口などの外傷がある患部の上、ひげそりの後や化粧下への使用も避けましょう。

 

長期間の連続使用や大量使用は、ステロイドの全身投与と同様の副作用が出る可能性があります。

特別な場合を除いて、密封法(ODT)は避けましょう。

*密封法とは、強力に薬を効かせるため患部ににステロイド軟膏を塗った後、ポリエチレンなどのラップフィルムで覆って密封することです。

 

妊婦や妊娠している可能性の人は、催奇形作用(=奇形児が生まれやすくなる)の可能性があるので使用を避けるべきです。

授乳中の場合も、デルモベートを使用する間は母乳にステロイド成分が移行する可能性があるので授乳を避けるべきです。

 

デルモベート軟膏の副作用

デルモベート軟膏

 

デルモベート軟膏の局所的な副作用は、主に以下の様な症状があります。これらの症状は、デルモベート軟膏だけでなくステロイド外用薬全般に見られる副作用です。

  • 皮膚萎縮
  • 毛のう炎
  • せつ(おでき)
  • 毛細血管拡張
  • 紅斑
  • 発疹
  • かゆみ
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 接触性皮膚炎

 

また、まぶたの皮膚に使用することによって目に重大な副作用が起こることもあります。

  • 眼圧の亢進
  • 緑内障
  • 白内障

 

上記の副作用は稀ですが、目がかすんで見える、見えにくい、視力が低下した、まぶしい、目が痛むなどの異常を感じたら、必ず担当の医師に相談して下さい。

 

また、以下の様な全身性の副作用はステロイド軟膏を使用する上では非常に稀ですが、長期間の大量使用によって起こることも考えられます。

  • 副腎障害
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 骨粗しょう症
  • 真菌症(カンジダ症,白癬など)
  • 細菌感染症

 

長期間の大量使用とはどのくらい?とお考えかも知れませんが、デルモベート軟膏の場合、毎日10gを数か月も使用するような状態だと思えばよいでしょう。

 

蕁麻疹への効果は?

デルモベート軟膏の説明書を見ると、その効能の中に痒疹群(ようしんぐん)と書いてあります。

痒疹とは病名ではなく、強いかゆみのあるボツボツがまばらに現れる症状のことを言います。

痒疹はアトピー性皮膚炎の症状でもよく見られますが、糖尿病、肝臓病、女性の妊娠中にもあらわれることがあり、痒疹=蕁麻疹という意味ではありません

 

蕁麻疹には、主に以下の様な原因があります。

  • アレルギー性(食物・薬物・昆虫など)
  • 化学物質(アレルギー性以外)
  • 細菌、ウイルス
  • 物理的刺激(寒冷・日光・振動など)
  • 発汗(運動・入浴)

 

ステロイド外用薬は、症状を緩和するのが本来の役目で病気の原因を治療するものではありません。

例えば、蕁麻疹のかゆみの症状があまりにもひどい時に、症状を抑えてかきむしりを防ぐには、ステロイドは大変効果的な薬かも知れません。

 

しかし、長期間にわたって身体の広範囲に使用すると、副作用が起こり症状が悪化する可能性があります。

蕁麻疹には様々な原因があり、治療するにはその症状の引き金となっている原因を特定することが最も重要です

 

表面的には似たような症状があっても中には内臓系の病気の場合もあるので、自己判断をせず、医師への相談をおすすめします。

 

まとめ

デルモベート軟膏は1群の分類される最強のランクのステロイド外用薬なので、その使用には注意が必要です。

デルモベート軟膏に限らずステロイドには様々な副作用があり、自己判断せず使用量と使用期間は守ってください。

デルモベート軟膏は蕁麻疹の症状を抑えることはできますが、その原因を治療するものではありません。

 

*ステロイド外用薬についてはこれらの記事もご参考下さい!

ステロイドは本当に危ない?強さのランクと副作用について

アンテベート軟膏はニキビに効果?顔に塗っても副作用はないの?

マイザー軟膏は顔や陰部に使えるの?その効果と副作用とは

スポンサーリンク