飛蚊症の原因と改善法、治療法!その症状は危険な病気のサインかも?

飛蚊症

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、その名前の通り、目の前を小さな蚊が飛んでいるように見える視覚的な症状のことで、眼科の患者さんの訴える症状の中でも比較的頻度の高いものです。

ある日突然、目の前に粒状や糸状、半透明の異物が見えることに気づく人も多いので、「これって何か深刻な眼の病気じゃない?」と心配になりますよね。

そこで今回は、飛蚊症の一般的な原因と改善法、深刻な病気の原因とその治療法について詳しくお話しします。

 

飛蚊症とは

飛蚊症

一般的な飛蚊症は、上の写真のイメージように、小さいほこり状のものが目の動きに合わせて見える症状があります。

目の前の景色に混ざってに見えるものは、とても小さくて薄いグレイや半透明なので、多くの人は天気の良い日に空を見上げたり、白いものを見た時などにたまたま気づきます。

 

それは、まさに目の前を小さな蚊のような物体がフワフワと浮かんでいるように見えます。

そして、その様な飛蚊症の症状と長年付き合っている方でも、異物が大きくなったり濃くなったり、視力の大きな障害になることは稀です

 

しかし、症状自体は一定して無くならないので、「これって眼の病気なの?病院で検査した方がいいかな?」と心配になる方が多いと思います。

では、この目の前に見える小さな異物の正体は一体何なのでしょうか?

 

飛蚊症の原因と改善法

硝子体のにごり

 

上記でお話しした飛蚊症の一般的な原因とは、上の図にある硝子体(しょうしたい)の濁り(にごり)が、網膜というスクリーンに投影されて見えるものです。

 

それは、ちょうど映画館で上映される映画のフイルムにほこりがついていて、それがスクリーン上に映し出されてしまうことに似ています。

硝子体は、眼球の中を満たしているゼリー状の組織で、目に入った光を網膜に投影して脳に画像として認識させる働きがあります。

 

眼球の中にある硝子体は完全な透明ではなく、誰もが加齢などの生理的な原因によって、少なからず濁りが出てくるので、飛蚊症の多くは眼の病気の原因によるものではありません。

飛蚊症の原因は、大きく分けると生理的原因病的原因の2つに分類されます。

 

生理的飛蚊症

生理的飛蚊症の原因には、先天的なもの活性酸素によるものの2つがあります。

 

先天的な原因

先天的な原因とは、胎児の時に消失すべき硝子体の中の血管組織がそのまま残ってしまい、それが原因となって硝子体が濁ってしまうことです。

この先天的な原因の飛蚊症には改善法や治療法はありませんが、症状が軽度なものが多く特に問題はありません。

 

活性酸素

もう一つの飛蚊症の生理的原因である活性酸素は、硝子体内部にあるタンパク質や脂質を酸化させて硝子体を濁らせてしまいます。

そして、体内の活性酸素を増やす原因には、以下のようなものがあります。

  • ストレス
  • 紫外線
  • ブルーライト
  • 加齢

 

ストレスは、体内で活性酸素を大量に発生させ体を酸化させます。次に紫外線を浴びても、硝子体の中に活性酸素を大量に発生させます。

また、パソコンやテレビの画面から発するブルーライトも硝子体に活性酸素を発生させる原因となります。

 

これらの原因で活性酵素が発生しても、通常は体内の代謝酵素で分解されますが、長期間のストレスや長時間のパソコン作業などによって活性酸素が大量に発生するとそれを分解する体内酵素の量が追いつきません。

また、加齢によっても体内酵素が減少するため、活性酸素を分解できずに飛蚊症の原因となってしまいます。その上、加齢は眼球の中の硝子体の体積も減少させます。

 

代謝酵素に関してはこの記事もご参考下さい!

参考記事:⇒酵素と酵母の違いは?

 

生理的飛蚊症の治療法は?

生理的飛蚊症は、眼科で検査をしても特に異常が見られないので、病気として認められていませんし、症状に対する治療も積極的には行われていません。

 

しかし、飛蚊症の症状が気になった時は、病的原因か生理的原因かを判断するために眼科で検診をすることをおすすめします。

最近は、日本でも飛蚊症に対してレーザー治療が行われるようになりましたが、詳細は病的飛蚊症の治療法のところでお話しします。

 

生理的飛蚊症の予防と改善法

ブロッコリー

 

生理的飛蚊症の予防や改善には以下の方法がおすすめです。

  • 紫外線やブルーライトから目を守る
  • 目を休憩させる
  • ストレスマネージメント
  • 目のための栄養補給

 

外出時にはUV(紫外線)カットのサングラス、パソコン作業の時にはブルーライトをカットするPCメガネをかけるようにしましょう。

また、テレビやパソコン画面を長時間見て目を酷使しないように気をつけましょう。

パソコンの長時間の使用は、仕事上で仕方がないこともありますが、テレビやPCゲームなどは、自分の意志で使用できるので自分の目をいたわってあげましょうね。

 

「ストレスは万病のもと」とも言われますが、その大きな原因は活性酸素を大量に発生させて体を酸化させてしまうことに起因します。

「心身一如」と言われますが、適度な運動を規則的に行うことでストレスを大きく軽減させることが出来ます。特に朝の運動はおすすめです。

ストレスの多いこの時代を乗り切るには、ストレスをいかにマネージメントできるかにかかっています。

 

また、適度な運動と同様に大切なことは、バランスの取れた食生活です。特に抗酸化に優れた食品をしっかり摂るように心がけましょう。

 

抗酸化作用と目の健康に優れた栄養素(食品)には以下のようなものがあります。

  • アントシアニン
  • ルティン(ブロッコリー・ほうれん草)
  • リコピン(トマト・スイカ)
  • カテキン(緑茶)
  • βカロチン(かぼちゃ・ニラ・緑黄色野菜)
  • ビタミンC(小松菜・ブロッコリー・キャベツ)

 

食事だけでは補えないときは、サプリを摂ることもおすすめです。

☆目の健康におすすめ⇒2粒でブルーベリー376個分のアントシアニン・・・

 

病的飛蚊症の原因

飛蚊症は時として重大な病気のサインになるので、気をつけなければなりません。

 

飛蚊症の症状がある眼病には以下のようなものがあります。

  • 網膜剥離(網膜が剥がれて失明の危険)
  • 網膜裂孔(網膜に穴が開く)
  • 糖尿病性網膜症(眼底出血)
  • 硝子体出血(網膜出血による)
  • ぶどう膜炎(虹彩・毛様体・脈絡膜の炎症)

 

網膜のセルフチェック

網膜に裂孔が生じると、目の前に閃光が走る光視症という症状が現れることがあります。飛蚊症の症状に光視症の症状が加わった場合は、網膜剥離の危険性が高いと言われています。

 

片方の目を隠して見た時に以下の項目が当てはまる場合は、眼科で精密検査を受けることをおすすめします。

  • 飛蚊症の症状悪化
  • 視力の急激な低下
  • 視覚で見えにくい部分がある
  • ものが歪んで見える
  • 冬に視力や症状が悪化

 

飛蚊症で受診する人の多くは、病的原因によるものではありませんが、時として重大な病気の兆候である場合があります。

病的原因の飛蚊症は放置すると失明する危険性があります決して自己診断はしないで、必ず専門医のもとで適切な処置を受けるようにしましょう。

 

病的飛蚊症の検査と治療法

飛蚊症の治療

 

病的飛蚊症の検査は主に、眼圧、眼底の検査、屈折、調節の検査、精密視野検査などが行われて診断されます。

特に糖尿病に罹っている方は、眼の血管が通常よりももろくなりやすいため、定期的に眼圧や眼底などの検査を行う必要があります。

 

病的飛蚊症の治療は原因となる病気の種類によって治療法も異なりますが、炎症性の病気であるぶどう膜炎(抗生剤・ステロイド剤で治療)を除くと、多くの場合はレーザー治療が適用されています。

このレーザー治療が、日本で飛蚊症に対して使われ始めたのは、ごく最近の2013年からのことです。日本で導入される以前は、高額な旅費や医療費を払ってアメリカでレーザー治療を受ける人も見られました。

 

このレーザ治療は生理的飛蚊症に対しても硝子体の濁りを取り除く方法として有効と考えられていますが、現状ではその効果よりもリスクの方が高いと判断されるため生理的飛蚊症の治療には積極的に使われていません。

また、生理的飛蚊症の場合は通常、保険外治療になってしまうので、初回の治療費が片目だけで10万円以上もすると言われています。

 

個人差もありますが、3~5回ほどのレーザー治療を受ける方が多いそうです。飛蚊症のレーザー治療の目的は、治療によって完治させるというよりも症状を50~75%程度改善するためと考えたほうが良いでしょう。

 

*眼に関しての問題は、こちらの記事もご参考ください!

記事:ブルーライトが目や肌に与える影響は?PCメガネの効果は本当?

 

まとめ

飛蚊症の原因は一般的には眼球の中にあるゼリー状の硝子体の濁りが原因となります。

飛蚊症は、生理的飛蚊症と病的飛蚊症に大別されますが、生理的飛蚊症は病気とは診断されないので、現在積極的な治療は行われていません。

しかし、時として飛蚊症は重大な病気の兆候の場合もあるので、異変を感じたら早めに専門の病院に行って精密検査を受けることをおすすめします。

特に、糖尿病に罹っている方は、眼科の検査を定期的に受けられることをおすすめします。

 

*生理的な原因による飛蚊症には、以下のような手術を使わない改善プログラムもあります。

★飛蚊症を改善する!飛蚊症改善プログラム「クリーンアップアイ」

 

スポンサーリンク