亜麻仁油(アマニ)の驚くべき効果!ダイエットや更年期障害にも!その摂取量と注意点とは?

flaxseed oil

最近、「健康オイル」として人気急上昇中の亜麻仁油(アマニ)ですが、その効能には一体どんなものがあるのでしょうか?

油といえばカロリーが高くて太るというイメージがありますが、なぜ亜麻仁油がダイエットに効果的なのか?どんな病気の予防に最適なのか?などについて詳しく取り上げていきたいと思います。

また、気になるその味や成分、適切な摂取量、美味しい食べ方や注意点などについてもご紹介します。

 

亜麻仁油(アマニ)とは?

亜麻仁油

 

亜麻仁油とは成熟した亜麻(アマ)という植物の種子から抽出された黄色っぽい油です。

日本では北海道で栽培地され、カナダが世界一の生産量を誇ります。亜麻仁油はもともと食用としてではなく木製品の塗料や革製品の仕上げに使われていました。

 

現在ではその高い栄養価が評価されダイエット効果のある食用油として大変注目されています。

ネットや店頭でもドレッシングやサプリとして販売されていますが、オリーブ油なんかと比較すると日本ではまだまだ知らない人が多いかもしれません。

 

亜麻仁油(アマニ)の有効成分

 

α-リノレン酸(オメガ3)

亜麻仁油の有効成分として一番注目されているのがこのα-リノレン酸(オメガ3)です。

オメガ3はヒトの体内では合成できないために摂取する必要がある必須脂肪酸に分類されます。

日本人の摂取基準(2010)によると、成人で一日2g程度必要とされています。オメガ3はサバなどの青魚や大豆、クルミなどにも多く含まれます。

 

亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は、一般の家庭で食用油としてよく使われているキャノーラ油の約5倍もあるんです!

含有量がハンパないので効率的に必須脂肪酸であるオメガ3が効率よく摂れますよね。

キャノーラ油で同じ量を摂ろうとするとダイエットどころか逆効果になってしまいますよね!

 

亜麻リグナン

亜麻リグナン(SDG:セコイソラリシジノールジグルコサイド)とは亜麻の種子に含まれるポリフェノールの一種です。リグナンは大豆に含まれるイソフラボンと同様の働きがあり、女性ホルモンと似た作用があります。

リグナンはゴマにも豊富に含まれています。

 

食物繊維

亜麻の実(アマニ)には水溶性と不溶性の両方の食物繊維が含まれています。

ゴマと比べると約2倍の食物繊維が摂れます。

 

亜麻仁油の効能

ダイエット効果

亜麻仁油に多く含まれるα-リノレン酸(オメガ3)は血中コレステロールと中性脂肪を下げる作用があります。

そのうえ他の食用油に比べてα-リノレン酸の含有量が非常に高いので、その分少ないカロリーで摂取できます。

 

また、亜麻リグナン内臓脂肪や中性脂肪を減少させる効果があるので、Wの効果が期待できますよね!

おまけに皮膚のたるみやシワの予防にもなり美容効果も期待できます。

ダイエットと美容は女性にとって永遠のテーマですよね!

 

生活習慣病の予防

女性ホルモンに似た亜麻リグナンの作用で高コレステロールを防ぐ効果があります。

また、α-リノレン酸が血流を改善して血栓予防して高血圧を抑制する効果もあるので、動脈硬化と高血圧を原因とする心臓病や脳疾患などの生活習慣病の予防にもつながるでしょう。

 

*コレステロールに関してはこの記事をご参考下さい!

記事:コレステロールは体に悪くない?実はLH比と酸化LDL が悪玉のボス!

 

更年期障害の症状緩和

亜麻リグナンには女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあるので、その補完作用で閉経後の女性の更年期障害の症状や更年期障害を予防する効果が期待できます。

 

骨粗しょう症の予防

閉経後の女性は骨の新陳代謝を促すエストロゲンが急激に低下するため、骨粗しょう症を起こしやすくなります。

亜麻リグナンは更年期障害と同様にに骨粗しょうを予防する効果も期待できます。

 

その他の効能

亜麻仁油には食物繊維も多く含まれ便秘解消の効果も期待できます。

また、アトピー性皮膚炎の改善、抗炎症効果乳がんや大腸がんの予防やうつ病の改善などなど・・・数え切れないほどの効能が期待できます!

 

亜麻仁油(アマニ)の摂り方と注意点

気になる亜麻仁油を摂るタイミングは、やはり食事と一緒に摂るのが一番いいですね。

これは本当に重要なことです!

サプリの錠剤タイプのものなんかもありますが、油だけを単体で空腹時に摂取することは消化と吸収に悪く、胃腸や肝臓にも負担がかかるのでおすすめできません。

酵素以外のほとんどのサプリは、食事と一緒が基本です!

 

α-リノレン酸は成人で一日2g程度を摂取することが推奨されています。

これは小さじにして一杯強の分量です。いくら体にいいと言われても大量には摂らないように気を付けましょう!

亜麻仁油にはこれといった副作用は見られませんが、大量に摂ると軟便や下痢を起こすことがあります。

 

朝はシリアルやヨーグルト、スムージーなどに混ぜて摂るのがいいでしょう。

またゴマのような風味で味にクセがないので野菜サラダにドレッシングと一緒にかけて食べるのもおすすめです。

 

しかし、亜麻仁油は熱に弱いので加熱調理には不向きです。

パスタのオイルとして使いたい時は、冷製パスタや直接熱を通さないで調理した後に加えて使うようにしましょうね!

 

また、亜麻仁油は酸化しやすいので保管の仕方には注意が必要です!

酸化された油は本来の効能を失い、逆に動脈硬化などの原因となる体にとって非常に悪い油へと変化してしまいます。

開封後は必ず密閉して冷蔵庫に保管しましょう!

 

オメガ3は血液サラサラ、つまり血液を凝固させにくくする作用があります。

 

☆亜麻仁(Flax Seed)の粉末は、オーガニック認定で、加熱処理していない生のものがおすすめです!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

まとめ

亜麻仁油は他の食用油に比べて大量のα-リノレン酸を含んでいます。

亜麻仁油は熱と酸化に弱いので、開封後は密閉して冷暗所に保管して下さい。

適量を食事とともに摂ればダイエット効果があり、生活習慣病の予防にもなります。

亜麻仁油に含まれる亜麻リグナンは更年期障害の予防や症状緩和に効果があります。

亜麻仁油には特に副作用はありませんが、妊娠時や高血圧や心臓の治療や投薬を受けているときは必ず医師に相談して下さい。

 

*健康やダイエットに効果的な食品に関しては、次の記事もご参考ください!

記事:バジルシードとチアシードの違いを比較!糖尿病に効果的なのはどっち?

記事:ヘンプシードの栄養価と5つの効能!副作用の心配は?

記事:長芋(山芋)と菊芋の糖尿病への効能を比較!血糖値を下げる成分とは?

 

スポンサーリンク