低体温症の原因と危険性!その対策と改善方法とは?

低体温症

冬場になると、特に女性で冷え性に悩む人が多くなると思います。その一方で、最近、低体温症の人が性別や年齢に関係なく増加しているとも言われています。

この似たような響きがある「冷え性」と「低体温症」には一体どのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、冷え性と低体温症の違いと原因、危険性と対策、改善方法などについてまとめてみました。

 

冷え性と低体温症の違い

まず、「冷え性」は、特に四肢の末端、つまり手や足先、二の腕、太ももなどが、冷たく感じる症状が特徴です。

これは、手足などの末梢の血行不良が主な原因で起こります。この血行不良は運動不足よる筋力低下ストレスなどの影響によっても起こります。

このため、実際の気温や季節には関係なく、身体の末端に冷えを感じてしまいます。

例えば、温泉などに入って一時的に温まっても、冷え性の人は、すぐに冷えを感じてしまいます。また、冬場に外出すると手がかじかんで動きが鈍くなります。

しかし、冷え性の人の実際の体温を測ってみると、ヒトの平均体温である36.5℃を下回ることはありません。

それは、冷え性の特徴を一言で表すと「末梢」の問題だからです。

私たちが日ごろ測る体温というものは、深部体温といって、体の中心の温度を基準にしています。

冷え性は末梢血行不良による問題なので、体の中心の温度である深部体温には直接反映されません。

一方で、「低体温症」では深部体温が平均を大きく下回ることが特徴です。

救急医学会の定義では、体の中心部の温度が35℃以下の場合を「低体温症」と呼びます。つまり、「低体温症」は中枢の問題だと言えるのです。

 

低体温症の原因

低体温症は、その原因の違いによって偶発性低体温症(一次性低体温症)二次性低体温症の2つに分けられます。

偶発性低体温症

身体の内部的な原因がなく、純粋に寒冷の環境にさらされることを原因に中心体温が35°C以下に低下した病態で、一般的に「低体温症」と呼ばれるものは、この偶発性低体温症のことを言います。

例えば、雪山での遭難や海難事故などが原因で起こる低体温症のことです。

二次性低体温症

薬物やアルコール、内臓の疾患、栄養状態(低血糖や栄養失調)などが原因となって二次的に発生した低体温症ことを言います。

また、上記の内部的な要因に加えて、偶発的低体温症を単独で起こさない程度の寒冷環境へさらされることが引き金となって二次性低体温症を発症する場合もあります。

これらの低体温症の起こす原因には以下の様なものがあります。

  • 寒冷環境への暴露
  • 水などによって体熱が奪われる
  • 体温調節能の低下(甲状腺機能低下症など)
  • 飢餓状態・栄養失調や低血糖
  • 急性アルコール中毒
  • 睡眠薬などを服用

 

低体温症の危険性

snow-mountains

体の中心部(頭や胴体)の温度は通常37℃程度に保たれていますが、体表の温度になると気温の影響にもよりますが、それよりも少し低い温度になります。

日本では、体温を測るときには、ワキの下に体温計をはさんで測りますが、外の気温にかかわらず体温は常に36.5℃前後だと思います。

ところが、例えば冬の登山で雪山に遭難した場合などは、体の中心部でさえも35℃以下に低下する「偶発性低体温症」になってしまいます。そして、さらに体温が20℃以下になると心肺停止状態を起こします。

これは、生命にとって危険な低体温症の極端な例ですが、寒冷環境にされされない、二次性低体温症は自覚症状を感じにくいという特徴がありますが、以下の様な健康への障害や危険性があります。

 

免疫力の低下

体温が1℃下がるとおよそ30%も免疫力が下がると言われています。病気になると熱が出ますが、それは病原菌であるウイルスなどを撃退するための免疫作用(防御作用)なのです。

つまり、低体温になると風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

また、がん細胞は増殖するために35℃程度の環境を好むので、低体温はガンの発症リスクを高めます。

 

基礎代謝の低下

ヒトの体温は、およそ36.5℃ですが、これは代謝に関係する酵素が最も活性化される温度です。

しかし、35℃の体温では基礎代謝や脂肪の燃焼率も落ちて、肥満や内臓脂肪を蓄えやすくなります。

その他にも偶発的でない低体温症には以下の様な病気や症状のリスクがあると言われています。

  • 生理不順
  • 不妊症
  • 更年期障害
  • 認知症
  • 自律神経系の問題
  • 頭痛
  • 腰痛

 

低体温症の改善法

体の内側から低体温症を改善するための基本は運動と食事と生活習慣です。これらは組み合わせることによって、さらに効果的になります。

 

適度な運動

適度な運動は、エネルギー代謝を高め、基礎代謝の基本である筋力もつけます。また、運動はストレスの解消にもつながります。

そのためには、無理のない毎日30分程度のウォーキングがおすすめです。

また、運動と並行して猫背やうつむき加減の姿勢を改善することも内臓の血行を促進します。特に、骨盤を基本とした姿勢は内臓の位置にも影響するので重要です。

 

ビタミンやミネラルを十分に摂る

エネルギーを熱に変換するときに必要なビタミンやミネラルは食事から摂るのが基本ですが、不足しがちな亜鉛、マグネシウムやビタミンB群はサプリで補充することをおすすめします。

 

体を冷やさない食品を摂る

キウイ、パパイヤ、マンゴなどのトロピカルフルーツは、特に身体を冷やす作用があるので、低体温症の方はなるべく控えるようにしましょう。

また、トマト、レタス、キュウリなども体を冷やす野菜です。逆にネギ、ショウガ、唐辛子などは体を温める作用があります。

 

生活習慣の改善

お酒の飲みすぎやたばこの吸いすぎは、体内のビタミンを壊し、代謝や血行にも影響しますのでなるべく控えることをおすすめします。

 

まとめ

冷え性と低体温症では、原因も症状も異なります。そして、低体温症は自覚症状に乏しいが、免疫力の低下など健康へのリスクは高い。

低体温症は、その原因によって偶発的低体温症と2次的低体温症の2つのタイプに分けれる。

低体温症の改善をするためには、運動・食事・生活習慣の3つの方法を組み合わせると良い。

 

スポンサーリンク