マイザー軟膏は顔や陰部に使えるの?その効果と副作用とは

マイザー軟膏

マイザー軟膏といえば、医師の処方箋が必要なステロイド外用薬です。

アトピー性皮膚炎をはじめ、湿疹、乾癬(かんせん)などの皮膚の病気に広く使用され
ていますが、効き目が非常に強い部類に入るので、市販はされていません。

しかし、病院で処方されても、その副作用が心配で、使うのをためらっている人もいると思います。
そこで、今回はマイザー軟膏の効果と副作用、顔や陰部への使用は可能かなどについてお話ししていきたいと思います。

 

マイザー軟膏の特徴

マイザー軟膏

 

マイザー軟膏には、皮膚の赤みやかゆみをとるステロイドが含まれていて、通常、湿疹や皮膚炎の治療に使われます。

有効成分のステロイドには炎症を鎮める強い作用があるので、短期間で皮膚の腫れや赤み、かゆみや痛みの症状を緩和することができます。

 

また、マイザー軟膏は、ステロイド外用薬のランクでも2番目に強力な2群(非常に強力)に入り、一般的に、症状の重い時に使用され、湿疹などで皮膚が厚くなっている部分に適用します。

 

マイザー軟膏は通常のステロイドと違って、薬が体内に吸収されても、すぐに分解され不活性化するアンテドラッグという特性があります。そのため、全身性の副作用が出にくいと言われています。

 

副作用と注意点

ステロイド軟膏は皮膚の病気に対して、とても頻繁に処方されていますが、病院側から詳しく説明されない場合も多いので、以下の点には特に注意して下さい。

 

マイザー軟膏は、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などによる皮膚感染症には向いていません。これらに用いると症状が悪化する恐れがあります。

 

また、切り傷、重いやけど、皮膚にできた潰瘍(かいよう)に用いても症状を悪化させる恐れがあります。

特に、梅毒性皮膚疾患、ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹などの感染症に対しては禁忌とされています。

 

マイザー軟膏には、主に以下の様な副作用があります。

  • 皮膚萎縮
  • 酒さ様皮膚炎(赤ら顔)
  • 紅斑
  • 接触性皮膚炎
  • 毛のう炎
  • せつ(おでき)
  • ざ瘡様発疹(ざそうようひしん)
  • 毛細血管拡張
  • 症状の悪化

 

長く使用し続けていると、上記のようなステロイド特有の皮膚症状がでることがあります。副作用の中でも皮膚萎縮の症状は比較的多く、皮膚が白っぽく薄くなり、てかてかする症状がでます。

 

また、長期大量服用による重度の副作用には、以下の様なものがあります。

  • 緑内障や白内障
  • 視力低下
  • 頭痛や吐き気
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 骨粗鬆(こつそしょう)
  • 感染症

 

ステロイドは、症状をとる対症療法の薬で、病気の原因そのものを治すことはできません。皮膚の病気を根本治療する薬ではありません、一番大切なのは私たち自身の免疫力です!

 

しかし、皮膚のひどいかゆみなどの症状を緩和して、例えば、かきむしりなどによる症状悪化の悪循環のサイクルを断つという意味では大変有効な薬と言えるでしょう。

 

しかし、2週間を越える連続使用は、副作用または症状の悪化につながりますので注意が必要です。

上記のような副作用が気になる場合は、直ちに使用を中止して、医師に相談してください。

 

顔や陰部に使えるのか?

顔

 

マイザー軟膏は吸収力の高いⅡ群に入るので、一般的にはなどの皮膚の薄い部分には使用されません。

 

また、陰部の場合も、ステロイドの吸収率は、腕を1とした場合に40倍以上もあるので同様なことが言えます。

つまり、自己判断で顔や陰部に使用するのは危険です。

 

しかし、例外として顔や陰部の皮膚の炎症がひどくい場合などは、皮膚科の医師の指導の元でマイザー軟膏が処方されることもあります。

その場合は、自己判断せずに医師の指示に従って、使用法と一回の使用量を守りましょう。

 

まとめ

マイザー軟膏は、Ⅱ群に分類される吸収力が高い薬なので、使用の際は必ず医師の指示に従いましょう。

長期の連続使用や、自己判断での顔や陰部への使用は禁物です。

 

ステロイド外用薬については次の記事もご参考下さい!

ステロイド軟膏の使用は危険?強さのランクと副作用について【まとめ】

リンデロンVG軟膏の効能と副作用!市販薬はあるのか?

アンテベート軟膏はニキビに効果?顔に塗っても副作用はないの?

スポンサーリンク