リンデロンVG軟膏の効能と副作用!市販薬はあるの?

リンデロンVG軟膏

リンデロンは虫刺され、湿疹、じん麻疹、皮膚炎などの症状によく使われる薬ですが、その種類も多く、効き目の強度も違います。

その中で一番有名なものがリンデロンVG軟膏ですが、効き目のランクも強力に分類されてるので、その分、副作用が気になりますよね。また、ドラッグストアなどで市販薬として買えるのでしょうか?

今回はリンデロンVG軟膏の効能と副作用、市販薬の有無などについてお話ししていきます。

 

リンデロンの種類

リンデロンVG軟膏

 

リンデロンの外用薬(軟膏)には基本3つの種類があり、吸収力の強さも違います。

  • リンデロンDP(Ⅱ群:非常に強力)
  • リンデロンV(Ⅲ群:強力)
  • リンデロンVG(Ⅲ群:強力)抗生物質を含む

 

リンデロンDP軟膏は、ステロイド外用薬のランクで二番目に強いⅡ群に入ります。マイザー軟膏やアンテベートと同じ強さで、体幹や腕、足に使われ、吸収力が強いので顔には使いません。

 

リンデロンVとVG軟膏は、リンデロンDPよりも1ランク下のⅢ群に入るステロイドです。体幹部に使用され、首にも使用できます。連続使用が可能な期間は、大人が2週間以内、子供が1週間以内です。

 

リンデロンVG軟膏は、リンデロンVの成分に、ゲンタマイシンいう抗生物質をプラスしたもので、ステロイドで炎症を抑え、抗生物質で感染を防ぐ効果があります。

 

VG軟膏のように抗生物質をステロイドにプラスする理由は、ステロイドの作用によって免疫機能が抑制されて細菌などに感染症するリスクが高くなるからです。

 

但し、ゲンタマイシンという抗生物質に対して耐性をもった細菌に感染している場合には、効果がありませんので注意が必要です。

 

リンデロンVG軟膏の市販薬は?

ドラッグストアでも、ステロイド成分の配合が低い軟膏は販売されていますが、リンデロンVG軟膏の市販薬は現在ありません。

 

しかし、ベトネベート軟膏という市販薬があり、抗生物質の成分(フラジオマイシン)はリンデロンVG軟膏と違いますが、ステロイドの主成分は同じものを使用していて強さもⅢ群で同じなので、リンデロンVG軟膏と同様の効果が期待できるでしょう。

 

市販薬でも薬の強さや副作用は同じなので、使用の際は、説明書をしっかりと読んで、使用可能な部位、一回に添付する量や使用期間を守りましょう。

 

また、症状の改善がなく、症状の悪化、かぶれ、湿疹などの症状が見られたら、直ちに使用をやめて必ず医師に相談して下さい。

 

リンデロンVG軟膏の効能と副作用

リンデロンVG軟膏は、以下の様な症状がある時に使われます。

  • 皮膚炎
  • あせも
  • かぶれ
  • しもやけ
  • 虫さされ
  • 皮膚の化膿を伴った症状

 

リンデロンVG軟膏は以上の症状を緩和する効果は大変高いのですが、ステロイドを使う上で一番気になるのは、その副作用ですよね。

 

リンデロンVG軟膏は外用薬なので、1~2週間の使用で副作用が見られることは少ないのですが、主に以下のような副作用が起こる場合があります。

  • 皮膚の感染症
  • 発疹
  • かぶれ
  • 皮膚刺激感
  • 湿疹
  • 接触性皮膚炎など

 

上記の症状または、それ以外でも気になる症状が出た場合は、必ず医師に相談して下さい。

 

ステロイド外用薬の上手な使い方は、その素早い効果を利用して症状を早く治めて、副作用を待たずに期間内に使用を終えることです。

 

まとめ

リンデロンVG軟膏はステロイドに抗生物質を加えた外用薬で、皮膚の炎症と化膿に高い効果があります。

その効果が高い反面、ステロイド特有の副作用がありますので、長期の連続使用を避け、異常を感じたら直ちに医師へ相談して下さい。

 

*ステロイドの強さや副作用ついての詳細はこの記事をご参考下さい!

ステロイドは本当に危ない?強さのランクと副作用について

アンテベート軟膏はニキビに効果?顔に塗っても副作用はないの?

マイザー軟膏は顔や陰部に使えるの?その効果と副作用とは

➡デルモベート軟膏の効能と副作用!蕁麻疹への効果は?

スポンサーリンク